モーニング娘。’19秋ツアー代々木公演の感想

モーニング娘。’19秋ツアー代々木公演の感想

書くだけ書いて満足していたら2020年になっちゃったw せっかく書いたので、今更ですがアップします。

2019年12月05日に国立代々木競技場第一体育館で開催された、モーニング娘。’19コンサートツアー2019秋 ~KOKORO&KARADA~ FINALに参加してきました。

娘。の単独代々木公演って、意外にも今回が初めてだったんですね。その昔ハロコンをやっていたので、てっきり単独もやっているものだと思っていました。

コンサートなのでレポートすることはあまり無いのですが、公演終了後に感じたことなどを。

公演全体をそれらしい言葉で表すと、

まだまだ後輩に道は譲らない、とばかりに貫禄を見せた9・10・11期。

これからは私たちの時代、と息巻く12期。

後輩の加入で覚醒した13・14期。

ついて行くのがやっとながらも、モーニング娘。の未来を提示してくれた15期。

こんな感じでしょうか。いや~、モーニング娘。のステージ上でのバチバチ感っていいですよね。ツアータイトル通り、新生モーニング娘。の快進撃は「ここからだ」って見せつけられました。

私の視力が悪いってのはあるんですけど、1階Aブロックから観ていると、1着目のように全員同じ衣装だとメンバーを識別するのが難しい。なので、全員の衣装が違うアンコールはわかりやすかったな。

そんな中でも、えりぽん・ほまちゃん・めいちゃんはどこに居るかすぐわかったんですよ。

エリアナ・グランデの美しさが話題になりましたが、その特徴的なシルエットで遠くからでも目立っていました。それだけに代々木で卒業とは残念です。(と、思っていたら「KOKORO&KARADA」のMVに!)

ほまめいに関しては髪型もそうですけど、ヘアゴム(特にパンダさん)も目印になっていたように思います。踊るたびにツインテールやサイドテールがぴょんぴょんしていて、二人ともかわいかった。

頭に大きな飾りが付いてたり、かつての田中れいなちゃんのように逆毛盛り盛りだと視認しやすいんだけどね。ま、それはそれってことで。

「抱いて HOLD ON ME」の9・10・11期は、どこでそんなの覚えたの!? って表情するようになったな。ダンスも色っぽく踊るようになったし。もうびっくり! 他の楽曲も観てみたい。

「私の時代!」「Rockの定義」「好きな先輩」も良かったですね。期ごとにカラーか違うのが面白い。特に15期が歌ってるときの客席の空気感。みんなメロメロ。かく言う私もその一人でした。

まーどぅーが出会ったときの話は何回聞いても笑えるw 大好き。小田ちゃんのどぅーをちょっとバカにしたモノマネも最高だったw

それから、突然の運動会。ほまちゃんはフライングだったけど、走るの速いですね。普段のほまめいも垣間見れて面白かった。時間を稼ぐ必要があった中で、15期の見せ場を作ったまーさくもグッジョブ。

今回もメドレーのオケがかっこよかった。本当に音源売ってほしいわ~。「I surrender 愛されど愛」のあかねちん、 「ザ☆ピ~ス!」のまりあのセリフ、 「シャボン玉」のよこやんのセリフも良かったな~。

最近は「One Two Three」ってフルで歌わないから、久しぶりにえりぽんの「る」も聴けたし。

新曲も聴けて楽しかった。なぜだか口に出したくなる「人間関係No way way」。

13期の2人はソロパートが増えていた印象。

噂には聞いていたまーちぇるのピアノも、最終日はまさかの二重奏で嬉しかった。あゆみんは相変わらず暴れてたし。小田ちゃんはほまちゃんにつられて泣くしw

ふくちゃんのポニーテール良くないですか? 以前は好きじゃないと言っていたので、心境の変化なんですかね。私は好きだったので嬉しいです。

あかねちんがさらに引き締まってた。痩せたというよりは筋肉がついた感じだったな。(祝、写真集発売!!! ありがとうございます!!! もちろん予約済み)
長い手足を使ったダンスが、今まで以上にダイナミックでしたね。歌割りも、はるなんやどぅーのパートを引き継いで増えていたし、ユニゾンでも存在感があったし。

ここに来て「青春Night」のサビがひなフェス仕様だった謎も、先日のアイドル三十六房でわかってすっきり。

先頃、2020年の春ツアーの日程も発表されましたし、来年(だから年あけちゃったよw)もモーニング娘。から目が離せないな~。それにしても45公演ってすごい……

スポンサーリンク